授乳中のDHCプロテインダイエットはNGは嘘?産後ダイエットの疑問に答えます!

 

DHCプロテインダイエット,効果,口コミ

 

授乳中のママが口にしたものは、おっぱいとなって赤ちゃんの体に吸収されますが、

 

DHCプロテインダイエットは本当に安全なのでしょうか?

 

普通の食べ物でも注意が必要になってくる時期に、飲む危険性は?

 

授乳中のママのDHCプロテインダイエット&産後ダイエットについてご紹介します。

 

 

DHCプロテインダイエットの成分は?安全性は?

 

結論から言うと、DHCプロテインダイエットは授乳中のママが飲んでも問題はありません。

 

というのも、DHCプロテインダイエットの主な成分は大豆を主原料としたタンパク質。

 

大豆は、昔の人が産後の授乳期には大豆をしぼった呉汁(ごじる)というものをおっぱいのために飲んだくらい、授乳期の母親にはおすすめの食材なんです。

 

また、その他の原料・成分を見ても、赤ちゃんに影響を与える悪いものは入っていませんでしたので、問題ありませんでした。

 

産後ダイエットの必要性

 

脂肪のつきすぎはメタボリックシンドロームのリスクがあるのは誰でも知っていることでしょう。

 

妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養を与えるためにしっかり食事をとることは大切です。

 

そのために自分の体にまで脂肪がついてしまったというママも多いでしょう。

 

出産のため骨盤が開いているので、出産後の体も脂肪がつきやすくなっています。

 

今までと同じように食べていたのでは、自分の体にどんどん脂肪が蓄えられてしまい健康に良い状態とは言えませんね。

 

授乳中の無理な食事制限ダイエットは厳禁ですが、適正体重に戻すことはいけないことではなく、むしろその後のママの体にとっては必要なことなのです。

 

 

授乳中の栄養バランスは大切

 

好きなものを好きなだけ食べるのと、栄養バランスの取れた食事管理は別物です。

 

授乳中だからと言って、何でも食べまくるというのは決して良いことではありません。

 

むしろ、ママの食事の好みにより栄養が偏ってしまうこともありえます。

 

ダイエットというと栄養が偏る、不足する栄養素が出てくると考えられがちですが、DHCプロテインダイエットはこの栄養バランスが非常に優れた食品です。

 

栄養の偏りという点に関しては、産後ダイエットに使用することも心配はなさそうですね。

 

 

「産後ダイエットは運動もバランス良く」

 

だからといって、DHCプロテインダイエットだけに頼るダイエットはおすすめできません。

 

妊娠中に落ちてしまった筋力を取り戻すためにも、適度な運動と一緒にダイエットを行うことが大切です。

 

産後ダイエットは、食事制限やダイエット食品だけでダイエットしようとせず、運動と一緒にというのが基本です。

 

無理なく摂取カロリーを減らすのなら、自己流のカロリー制限よりも

 

DHCプロテインダイエットダイエットを取り入れたおきかえダイエットの方が良い場合もあるのです。

 

 「授乳中のDHCプロテインダイエットの注意点」

 

授乳中にDHCプロテインダイエットを飲むことは悪くないといっても、飲み過ぎはよくありません。

 

公式サイトの飲み方やパッケージの注意を守り飲み過ぎには注意が必要です。

 

もう一つDHCプロテインダイエットで心配なことが、ママの体を冷やすことです。

 

体が冷えるとおっぱいの出が悪くなってしまいます。

 

冷たい水や氷を一緒に入れたDHCプロテインダイエットを飲むことで、おっぱいの出が悪くなることが考えられます。

 

DHCプロテインダイエットを飲んで体の冷えを感じるようなら、その後にノンカロリー、ノンカフェインのあたたかい飲み物で体温調節を心がけましょう。

 

 

「授乳中のDHCプロテインダイエットはママと赤ちゃんの両方のことを考えて」

 

人によっては「授乳中にダイエットなんてもってのほか!」とお叱りを受けることもあるでしょうが、

 

妊娠中に体重を増やしすぎてしまって動くのが辛い、赤ちゃんのお世話をするのも大変という人もいるでしょう。

 

産後ダイエットは、運動も取り入れつつ栄養バランスに気をつけて行うことが大切。

 

DHCプロテインダイエットは、授乳中でも飲むことが出来るダイエットドリンクです。

 

1日の摂取量や体の冷えに注意しつつ、ママと赤ちゃん両方の体に良いことをという意識を持って、しっかりと体調管理をしながら行いましょう。